①コミュ障がゆく5泊6日宮古島一人旅、那覇編

①コミュ障がゆく5泊6日宮古島一人旅、那覇編

いってきやした!宮古島!!

とは言ったものの初日と次の日の午後15時までは那覇。

ということで今回は那覇編をお伝えしたいと思います。

日程は2016年9月26日~10月1日の5泊6日。

この記事は9/26~9/27までの出来事です。

この旅の決意表明はこちら↓

沖縄に台風直撃…恐怖のフライト

f:id:nasio7:20161002092417p:plain:w300

うそやん…

そんな後ろめたい気持ちで飛行機に乗ったのですが、気候が荒れてるんでまぁーゆれるゆれる。

ジェットコースターのあのフワッとするあの感じ!!

半べそかきながらなんとか那覇に到着したのでした。

ゲストハウスけらまに到着

沖縄の那覇空港に着いたらモノレール「ゆいレール」の那覇空港駅で美栄橋駅までの大人300円の切符を買う。所要時間、14分。駅から徒歩で7分ほどとのこと。

那覇空港に到着したのが22:20頃。

チェックイン予定時間が23:00

ちょうどいい。

そんなこんなで23:00ぴったりにゲストハウスけらまに到着。

そこでびっくりしたのが、入り口付近で沖縄のやんちゃボーイ達が7,8人でたまっていたのです。

ちょっとーこわいなー。。

なかにはコンポのようなものを肩に担いでいた子もいたような…

1、2分葛藤し腹をくくりました。

僕「あのーすみません、ゲストハウスけらまはここで大丈夫ですか?」

b-boy「あっはい!大丈夫ですよ!〇〇さんお客さーーん!!」

なんだ気さくで良い人達じゃん。

こうして、ドミトリー1泊1300円という格安で宿泊。

ホームページを拝見すると、値段はコロコロ変わるみたいです。

時間も時間だったのでゲストハウスらしいコミュニケーションは皆無でした。

ちょっと布団がおせんべい過ぎてびっくりしけど、価格を考えればノー問題!

コスパ良好な良いゲストハウスでした。

1泊900円から!沖縄ゲストハウスけらまへようこそ!

首里城へ

本日は9/27。

午後15:00の便で宮古島に旅立つので、観光出来て3,4個と予想。

昨夜、明日は午前中が勝負!と気合いを入れつつ寝たものの、結局9:30にチェックアウトというやる気の無さ

これも沖縄パワーだろう (いいえ、あなたのせいです)

那覇市内のなかでも、北から南の空港の方へ降りていくイメージで観光することに決定。

ということで、最初に選んだのは首里城。

覚悟はしていたが沖縄ほんとにアクセスが悪い。

ゆいレールで首里駅までは行ったはいいものの、そこから20分くらい歩く。

歩いて行けるのならまだいい方で、最寄り駅からバスを使うなんていうのもザラにある。

さらにそのバスも本数が少ないというやる気の無さ。

これも沖縄パワーだろう(はい、そうです)

道を調べるのもめんどくさかったので、観光客の塊についていく。

f:id:nasio7:20161002102229j:plain:w400

どうせ首里で降りる観光客なんて首里城やろという安易な考え。

道はあっていたのだけれど、歩くのが亀並みに遅かったので結局、自分で調べていくことに。

f:id:nasio7:20161002102920j:plain:w400

入り口付近でバナナを何かしてました。

f:id:nasio7:20161002102901j:plain:w400

そしてついに首里城到着!

f:id:nasio7:20161002103343j:plain:w400

おぉー

f:id:nasio7:20161002103347j:plain:w400

なるほど

f:id:nasio7:20161002103357j:plain:w400

もう少し昔のなごりのある歴史的建造物かと思っていましたが、現代風にリノベーションされてる感が。

少し残念(;・∀・)

f:id:nasio7:20161002103838j:plain:w400

f:id:nasio7:20161002103836j:plain:w400

首里城よりもアヒル?に夢中でした。

めっちゃ可愛かったです!!

首里城おわり!

タクシーの運ちゃんと出会い斎場御嶽へ

首里城の出口のあたりで、タクシーの運ちゃんに話しかけられました。

運ちゃん「お兄ちゃん1人?」

僕「はい」

運ちゃん「これからどこ行くの?」

僕「決めてないです」

運ちゃん「専属で案内してあげようか?」

なるほど、カモられなうだなと感じ、最初は拒否してたものの、電車バスだと時間がかかりすぎるのと、安くやってくれるのと、
最後の決め手は運ちゃんの人柄でお願いしました。

f:id:nasio7:20161002110300j:plain:w400

沖縄のタクシーだから当たり前っちゃ当たり前なのかもだけど、すごい話してくれる。

これ観光中止して運ちゃんとドライブのが楽しんじゃね…なんて思ったりして。

まあ、ちゃんと観光しましたけど。

次に向かったのが斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽(せーふぁうたき/サイハノうたき)は現在の沖縄県南城市にある史跡。15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味となり、これは通称である。正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。

引用:斎場御嶽 – Wikipedia

ふむふむ、全くわからん。

2、3分、斎場御嶽のビデオを見てから観光スタート。

とにかく神聖だということは伝わりました。

f:id:nasio7:20161002111013j:plain:w400

初っぱな、石碑が。

しばらく先に進むと。

f:id:nasio7:20161002111351j:plain:w400

おぉーいい眺め。

f:id:nasio7:20161002111448j:plain:w400

すごいなぁ

f:id:nasio7:20161002111456j:plain:w400

屋久島みたいだ。

行ったこともない他の島で例えるのはどうかと思うけど、屋久島みたいだ。

f:id:nasio7:20161002113115j:plain:w400

f:id:nasio7:20161002112027j:plain:w400

これ見たことあるやつやっ!!ってテンション上がりました。

屋久島好きは是非とも行くべし!

斎場御嶽おわり。

タクシーの運ちゃんと食事

斎場御嶽の道中にお食事処があったのでそこで今後の作戦+休憩。

f:id:nasio7:20161002113644j:plain:w400

f:id:nasio7:20161002114151j:plain:w400

雰囲気よくないですか。この店。

こういう開けた雰囲気のお店、最高です。

f:id:nasio7:20161002113716j:plain:w400

f:id:nasio7:20161002114202j:plain:w400

念願のサトウキビジュース300円。

銀のかき氷機みたいなものでサトウキビをプレスする仕組みです。

搾りたて新鮮ホヤホヤです。

いただきやーす!

f:id:nasio7:20161002114156j:plain:w400

あっあまいっっっ!!!

サトウキビジュースってこんなに甘いんですね。

ぶっとびー!

糖度計で測ったらとんでもないことになってそう。

糖尿病待ったなし!

そしてメインディッシュの沖縄そばを食す。

f:id:nasio7:20161002114228j:plain:w400

べらぼうに美味しいわけじゃないんだけど、素朴な味って感じでいいんですよね。

雰囲気が2割増で美味しくしてくれる。

そして食後のデザートに島バナナとパパイヤをもらった。

「若い子には優しいのよ、おばさん、うふふ」。

ありがとう。おばさん。

f:id:nasio7:20161002114936j:plain:w400

あまっっ!!(本日2度目)

沖縄の人は甘党なんだなぁ。

糖尿病待ったなしですよ!!

f:id:nasio7:20161002121146j:plain:w400

うん!おいしい!

お店の人いわく、沖縄の人はパパイヤをフルーツとしては基本食べないらしい。

パパイヤは熟す前に収穫し野菜炒めとかにするのが当たり前なんだとか。

たしかに、べらぼうにおいしいワケではない。

マンゴーとメロンを足して2で割ったものの下位交換といった感じ(失礼)

それでも全然おいしかったですけどね!!

沖縄フードを堪能したあと、次の観光どうしようかということになったのですが、時間も時間なのでここでゆっくりすることに。

まぁこのお店の雰囲気大好きなんで時間があってもここでマッタリしてたと思います。

まとめ

那覇が思いのほか楽しすぎました(失礼)

次は今旅目的の宮古島です!

宮古島で会いましょう!!イテキマー!!