②コミュ障がゆく5泊6日の宮古島一人旅、突入編

②コミュ障がゆく5泊6日の宮古島一人旅、突入編

那覇で一記事出来上がると思っていませんでした←

思いの外、楽しく本人もびっくりの微長文となりました。

前回の記事はこちら↓

今回はやっとこさ、宮古島上陸です!

よろしくお願いしやす!!

宮古島上陸、ゲストハウスひだまりへ

タクシーの運ちゃんに那覇空港まで送ってもらい、15:00の便で宮古空港へ。

ほんとはフェリーで移動も堪能したかったのですが、もう廃止されたみたいですね(;・∀・)

そんなこんなで飛行機でわずか50分弱。(ちかっ!

f:id:nasio7:20161002173740j:plain:w400

宮古空港おなじみなのかは分かりませんが、宮古シーサーが。

このシーサーカッコイイですね!

宮古空港の余韻に浸ったことでさっそく「ゲストハウスひだまり」へ。

f:id:nasio7:20161002174556p:plain:w400

4.2km…

観光がてら歩いていくのがちょうどええやろと徒歩で行くことに。

最悪、脱コミュ障計画の一貫として初ヒッチハイクをすればいいやと我ながらあっぱれなのであります。

まぁ出来なかったんですけどね。

道に突っ立って、来たる車に止まってくれっと念じながら見つめてみましたがダメでした。

意思疎通ってむずかしい。

帰りこそヒッチハイクしてみせると決めたのでした。

結局45分くらいかけて「ひだまり」に到着。

f:id:nasio7:20161003084522j:plain:w400

写真と見た場所だーっとちょっと感動。

f:id:nasio7:20161003084904j:plain:w400

リビングです。

さすがゲストハウス。

自宅感がすごい。

この日はヘルパーさん3人くらいと、京都からの一人旅、男性の方に挨拶し、旅トークをしながらこの日は終わりました。

この男性の方エグザイルのマツさんに激似だったため、以降マツ兄とさせていただきます。

9/27(火)おわり。

ヘルパーさんが皆、内地出身という不思議

ヘルパーさんが3、4人いらっしゃったのですが、驚くべきことに、皆、内地出身だったのです。

しかもヘルパー歴が皆、短い。

最長でも3ヶ月くらいとか。

てっきり、宮古歴20年なんじゃとかいうヌシがいると思っていたのでたまげました。

オーナーはどこか別の場所で活動しているらしく、いませんでした。

これぞゲストハウスクオリティ。

素晴らしい。

シュノーケリングに定評のある新城海岸

9/28(水)今日はもともと雨予報だったのですが、奇跡的に晴れまして、マツ兄とシュノーケリングに行くことになりました。

場所はシュノーケリングに定評のある新城海岸へ。

シュノーケルセットを借りて、いざ海へ!

しかし、ここで水着を持ってきていないというハプニング発生。

一人旅なので海に行くことはあっても、入ることはないだろうとタカをくくったのが運の尽き。

ゲストハウスで仲良くなった人と海に行くとも思いもしなかった。

あとから思えば、沖縄、宮古の海を見て入らないというのは無理でした。

水着のレンタルやってますか?と聞いたりしてみたものの、そんなのあるわけがなし。

仕方ねぇ…水着っぽい寝間着の出番か。

ってことで寝間着で泳ぎました。

宮古に行く際は水着を忘れずに()

f:id:nasio7:20161003173020j:plain:w400

f:id:nasio7:20161003173057j:plain:w400

f:id:nasio7:20161003173144j:plain:w400

シュノーケリングには新城海岸おすすめです!

美ら島物語ビーチ特集

宮古島で一番おいしいカレー屋「茶音間」

新城海岸で2.3時間泳いだあとは腹ごしらえです。

昼食は事前にヘルパーさんからおすすめと聞いていたカレー屋さん「茶音間」へ。

場所は宮古島北部。平良市街地から池間島に向かう県道230号線の道沿いにあります。

f:id:nasio7:20161003173524j:plain:w400

到着!!

とっても雰囲気の良いお店です。

f:id:nasio7:20161003173529j:plain:w400

このカレーがまじで絶品でした!!

宮古島に行った際には是非食べてもらいたいです!

閉店してしまったそうです、、残念

3日目終了

このあと、適当に島内をドライブして帰宅しました。

最初は初のゲストハウス、初の1人旅に内心ビクビクでしたが、意外となんとかなっており、ここらへんから半宮古人化してきたなぁーとつくづく感じました。

これも宮古パワーでしょう!

次の記事で完結です。